数秘イベント開催します

数秘(numerology)について

 

数秘(ヌメロロジー)は数をエネルギーとして捉え、人への理解を深めていくワークです。

数秘術、または数秘学とも呼ばれ、だんだん日本にも浸透しつつあります。


BC14~15世紀頃のヘブライの神秘学カバラが起源とされていますが、
数字をエネルギーとして捉えるという試みは、世界各地でなされており
厳密な起源となるとハッキリしません。

 

現在広く知られてる数秘は、BC6世紀 ギリシャの哲学者ピュタゴラスが
基礎をまとめたとされており、その概念は多くの分野に影響を及ぼしました。

18世紀初頭ピュタゴラス派に伝わる数秘が欧米に紹介されて以来、
多くの研究家が独自の見解を加えて発展させています。

 

現在、広まっている数秘の解釈は、
アメリカで“西洋数秘術の母”と呼ばれたL・ダウ・バリエッタ夫人が、
1908年にまとめた著書「数の哲学」が元になっているケースが多いです。

 

ここでは数秘のちょっとしたテイストを味わうために、基本中の基本とも言える軌道数について、ホンの少し見てみましょう。


軌道数の出し方は簡単です。

誕生日の年と月と日をズラズラズラ~ッと、横へ足し算していくだけです。一桁になるまで足します。


【例】 1998 年11月28日生まれの人の場合。

 1 + 9 + 9 + 8 + 1 + 1 + 2 + 8 = 39  ⇒  3 + 9 = 12  ⇒  1 + 2 = 3


この人の軌道数は 「 3 」 になります。

 

正直、私もこんな簡単なもので人生が分かってたまるかよ!という気持ちが強かったのですが、実際に学んでみると偶然と言うには、あまりにも出来過ぎてる現実が多くて、もう冷汗タラ~リでした(笑)

 

この生年月日から出される 軌道数 という数は、あなたが一生を掛けて学ぶ、とても大きな今生でのテーマ(課題)です。 

しかし、不思議なことに基本中の基本の数であるにも関わらず、軌道数の話をすると多くの人が苦手な質だという反応を示します。何故なら今生でのテーマ(課題)だと言うことは、ずっとやらないまま放置してきた宿題でもあると言えるので、多くの人に出来ることなら後回しにしたい…という心理が働くのです(笑)

ここでは大体のイメージが、ざっくり掴める程度にシンプルに書いています。何か“ピン”と来るものがあればそれで良し、全くもって雲をつかむような話だと感じるのであれば、それも良しです。

軌道数「1」

テーマ:

自立 自信 革新・独創性 自分自身であること イノベーション

 

ヒーリング:

どんな状況にあっても、ありのままの自分をそのまま受け入れてくつろぎましょう。あなたはあなたのペースでしか走れません。地平線に向かって走り続けてもゴールはそこにはありません。どこまで行っても同じあなたがいるだけなのです。自分の道を生きて、クリエイトする為に自分自身の足で立ち上がりましょう。

 

[一言コメント]

良くも悪くも「猪突猛進」の傾向があります。非常にシャープで強い決断力と実行力がある一方、気が向かないとテコでも動かないという頑固さも持ち合わせています。現状打破の為に素晴らしいリーダーシップを発揮できる人が多いのですが、常に動いていないと不安でたまらなくなるので、意識的に足元を見つめて落ち着く時間を持つようにしましょう。

軌道数「2」

テーマ:

繊細さ 共鳴 平和 協調 受け入れ応答していくこと 感情・感覚

ヒーリング:

まずは外側で起きていることを受け入れ、そして応答していくという受容性を学びましょう。自分の内側で沸き起こる沢山の感情に対して、溺れたり妥協したり、強く感情的に反応することなく、気持ちを広く深く持ち、流動的に人や物事と関わって行きましょう。人と直感的に協力していくスキルを身につけると、一気に世界が広がります。

[一言コメント]

一見すると物静かな印象の人が多いのですが、粘り強さとしなやかさを併せ持つのでピンチの時には、激しく大胆なパワーを見せて周囲を驚かせたりします。初対面の人へ接する態度が、ソフトで繊細かハードで冷淡か、どちらか極端に偏ってしまう傾向があるので気をつけましょう。ソフトさを無視しないように。

 

軌道数「3」

テーマ:

喜び 楽しみ クリエティビティ(創造性) 表現していくこと 軽さ

 

ヒーリング:

他者からの注目の為に、いい外見をつくろうとはせずに、自分のハートから楽しく表現していくエネルギーを育てていきましょう。あなたは軽さを場に提供できる人なので、そのパワーを創造的に使っていきましょう。ハートからの表現はあなたを無駄に疲れさせることはありません。ただ楽しむことを許していって下さい。

 

[一言コメント]

本人が心の底から楽しいことを許していると、途中で放り出すような事をしても不思議と憎まれないという傾向があります。若い頃はさほど物事を深く考えなくても、いろいろと柔軟に対応していける人が多いのですが、その反動として人生の後半になってから、急に精神世界の方面へ興味が向く人が多いです。

軌道数「4」

テーマ:

リアリティ(現実) 安全性 仕事 身体 形を成していくこと 実務

ヒーリング:

自分はこのままの状態でいて良いのだという、あるがままの安心感を育てていきましょう。この変化の大きな現代社会の中で大切なことは、身の回りのシンプルな現実や身体の中にリラックスしていくことが、とても重要なカギとなります。自然の中にいる事、植物や土と戯れる事、マッサージなど身体にに関する事も、あなたを大いに助けてくれるでしょう。

[一言コメント]

畑や庭仕事に関わっていなくても、どこか「土」を感じさせる人が多い……というのは、私だけの感覚でしょうか? 例えるならシャンパングラスを傾けるような都会的なお店ではなく、オーガニックな内装で天然素材の服を制服にしているような、そんなエコなお店のイメージです。仕事の二文字に非常に強いこだわりを持ってる人が多いですね。

 

軌道数「5」

テーマ:

自由 自発性 バイタリティ 瞬間瞬間にトータルであること 冒険

 

ヒーリング:

エネルギーを恐怖で凍りつかせることなく、身体に従って生き生きと動かす事を覚えましょう。このパワフルな質は、あなたにしか感じることが出来ません! 人生は冒険であることを認めて、次に何が起きるのかは心配せずに、瞬間瞬間で自分のエネルギーを解放させていきましょう。

 

[一言コメント]

台風の目のように周囲を渦の中心へと巻き込むパワーのある人が多いです。良くも悪くもキーパーソンになる傾向があるのですが、なせか当の本人には自覚が乏しいことが少なくありません。自分のエネルギーの強さも弱さも手放して、フレキシブルさを許しましょう。もし凍結していると感じたら、少し身体を動かして溶かしましょう。

軌道数「6」

テーマ:

無条件の愛 美 調和 責任 ハートの真実に従うこと 恥の概念

ヒーリング:

家族や恋人など、自分に取って特別だと感じる人々の中でも、〜すべき ~すべきでないという外側への責任感や、なかなか思ったようには動けないという内側の罪悪感には支配されず、あくまでシンプルに自分のハートの真実に従う行動を心がけることが大切です。深いつながりを求める傾向がありますが、人間の愛情は心地よい時ばかりではないという、夢と現実のギャップを学んでいく必要があります。

[一言コメント]

義理人情に厚いので、男女ともに周囲から信頼を寄せられる人が多いです。ただ人間関係も恋愛関係も大切に思うあまり、不必要に関係を重く捉えてしまう傾向があります。仕事でも恋愛でも、何かしら一本筋の通った美学に近い信念があるのは素晴しい事ですが、あまり自分の基準に惚れ込まないようにしましょう。

 

軌道数「7」

テーマ:

知性 アロンネス(独りあること) 瞑想 探求 知識と知恵との違いを学ぶこと

 

ヒーリング:

知識や情報を世の中から集めるのではなく、自らの体験を通して学ぶことを意識しましょう。全てには分かりやすいラベルが貼られている訳ではなく、本当に知るべき事は常に予想を超えたところからやってきます。自分の中に「分からなくてもいいんだ」と思えるスペースを残しておく事が大切です。人生を生きる神秘として捉え、すぐに答えばかりを追い求めないようにしましょう。

 

[一言コメント]

孤独(ロンリネス)と独りあること(アロンネス)の違いを体感的に知るまでは、やたらとパーティー好きだったり、誰でもいいから人と一緒にいたり、孤独を避けたがる傾向があります。沢山の習い事に次から次へと興味が沸いて、ずっと何かを学び続けている人も少なくありません。

軌道数「8」

テーマ:

自立 自信 革新・独創性 自分自身であること イノベーション

ヒーリング:

時には強く時には弱く…バランスを取り続ける事が課題となります。真のパワーはあなたを暴君にも犠牲者にもしません。もし、何でもすぐコントロールしないと怖くなるクセがあるのなら、逆に手を少しゆるめた方が自己実現への近道となるでしょう。お金の理解と扱いのセンスが良いと、会社を立ち上げたりオーガナイズをしたり等、現実世界で数多くのパワーを発揮できる人が多くいます。

[一言コメント]

強い自己実現のパワーを持っている人が多いのですが、何かを現実レベルで実行しようとすると途端にガチガチに固くなる傾向があります。一人で全部をやってしまうか全く何もやろうとしないか、極端な行動パターンに陥りやすいので、気をつけましょう。別に状況はコントロールしなくても、ちゃんと上手くいくことを学ぶ必要があります。

 

軌道数「9」

テーマ:

慈悲 手放し(Let go) 共感 信頼 大いなる存在の一部と感じること

 

ヒーリング:

自分自身に慈悲を与えてあげることが大切です。生まれながらにして大きな受け皿を持っている人なので、社会や家族の為に自分をたやすく犠牲にしてしまう傾向があり、それが強さでもあり弱さでもあります。大きな宇宙を大きな気持ちで信頼して、その中に住んでいる小さな自分を受け入れるという、そんな大きな宇宙船にでも乗ったような、とても大きな信頼感をあなたの中で育む必要があります。

 

[一言コメント]

ゲームかマンガか何かのキャラクターを彷彿とさせるような、ちょっと現実離れした独特の雰囲気を持っている人が多いです。360度へ解放されたエネルギーがあるので、気をつけないと逆に酷く影響を受けてしまいがちです。心の安全の為に、内なるガラスの城(外からは普通に見えるが、実は見えない壁がある)を、あまり頑丈に大きくしないよう気をつけましょう。

© 2020 ClavisHeart. Ma Prem Apurva